臨床研修会とは

経絡治療 六部定位脈診・脈状診を誰にでも出来るように
平成2年に初代会長 故 黒田嘉孝先生により臨床研修会が始まりました。
今期で23期を迎え、多くの鍼灸師を輩出・養成しております。
月1度の月例会では各疾病の講義はもちろんのこと、講習会の約半分を実技実習に当てております。
脈を診る技術や学生時代では足りない刺鍼技術等に当てております。
鍼灸学校の学生の頃より全身の診断技術を身につける事により、他の人よりも高度のスキルを持ち、
患者様を生涯治療出来る鍼灸師になりましょう。

臨床研修会の思い

平成2年より故 黒田嘉孝先生により臨床研修会が設立されました。
多くの受講生が開業、鍼灸院勤務、また鍼灸学校の教員として活躍されています。
ご本人の大変な努力もあったのだと思いますが、そんな皆様のお役に立てた事は当会としても大変嬉しく思います。

生前、黒田嘉孝先生はご自身の治療に「クロダ脈診」「クロダ式」「クロダ流」などといった名称を付けておりませんでした。
内弟子である私達は、黒田先生の治療が一般的な経絡治療と認識しておりましたのであえて「クロダ脈診」と呼ぶ必要も無かったのです。

しかし、なぜか臨床研修会を卒業された方の中には、「クロダ脈診」「クロダ式」「クロダ流」と称してセミナーを開いたり、自身の治療院のホームページでアピールされております。
臨床研修会としては、ここで学んで頂いた事を公にしていただくのは大いに結構です。しかし、黒田嘉孝先生が亡くなられてからそのような名称が独り歩きする事に疑問を感じます。

黒田嘉孝先生は、臨床経験も豊富でしかも古典を深く研究されておられました。
その中から臨床研修会(黒田嘉孝先生)独自の理論や効果的な穴の使い方などがあります。
従って、受講生の中には他の経絡治療と差別化するために「クロダ○○」と表現しているのだと思います。

当会では黒田嘉孝先生の指導を充分に受けた講師が皆様の技術向上のお手伝いをしていきます。

臨床研修会 講師一同

申込み・お問い合わせ窓口

臨床研修会事務局 森 衛
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘2-18-15-2階
森鍼灸整骨院内
 

アクセスマップ

【目黒区立緑が丘コミュニティーセンター】東京都目黒区緑ヶ丘2-14-23
東急東横線・大井町線 自由が丘駅下車 徒歩約7分